はじめに

 

序章 子どもたちと共に

 

第1章 崩される道徳教育の土台

 

第2章 教育勅語と修身科の時代

 Ⅰ 国民学校体験者たちが語ること

  (1)こうして少国民はつくられた

  (2)少年が送り込まれた満洲 「私の太郎物語」 

 Ⅱ 修身科に見る侵略戦争の正当化

 Ⅲ 少国民育成のしかけ

 

第3章 「特別の教科 道徳」(道徳科)がめざすところ

 Ⅰ 道徳教科書を読み解く(小学校)  

 Ⅱ 道徳教科書を読み解く(中学校)

 Ⅲ 文科省「道徳教育」の核心

 

第4章 民主的な道徳教育の創造と実践

 Ⅰ 道徳教育の授業論

 Ⅱ 教科書教材を扱った実践

 Ⅲ 自主教材を扱った実践

 

あとがき

 

付録・年表

 Ⅰ 旧憲法下の教育と修身をめぐる動き

 Ⅱ 戦後の道徳教育をめぐる動き